ベンチャー経営者必見!資金サポートとサービス内容

>

補助金・助成金に頼るのもあり?

この記事をシェアする

どんなサービスがあるのか?

民間企業や自治体によっては助成金・補助金制度を展開していて、社会の活性化を目指しているところもあります。

これらのメリットは何といっても返済が不要な点です。エンジェル投資家についても返済は不要ですが、ある程度経営に口出しが可能なので投資してくれる方によっては経営がやりにくい。または自分が思い描いていたものとは異なるリスクがあります。

しかし補助金・助成金に関しては株式の保有では無いので口出しはありません。ベンチャー企業はもちろんですが、女性に特化したものやシニアである事が条件など様々な種類があるのも魅力的です。但し審査が必要なので、絶対に活用出来るとは限りません。もちろん募集期間も設けられています。

補助金・助成金はメインの資金調達では無い

負債では無いのでこれからベンチャー企業を創立する方にとっては大きなポイントとなる補助金・助成金ですが、メインの資金調達として向いていないのがデメリットです。

他の資金調達に比べると得られる資金が数百万円とかなり低いです。複数のサービスを利用する方法もありますが、全てにおいて審査が必要なので現実的ではありません。また申込から入金まで数ヶ月要するケースもあるので、今すぐに資金調達が必要な場合もネックとなります。

ビジネスローンや融資をメインにして、足りない分や負債を少しでも減らしたい場合にこれらのサービスを利用する。ベンチャー企業が社会的なステータスを得る為に、あえて補助金・助成金の申請をする場合もあります。