ベンチャー経営者必見!資金サポートとサービス内容

>

ベンチャー企業っていつからあるの?

この記事をシェアする

日本でも浸透しつつあるエンジェル投資家

資金調達と言えばビジネスローンや融資をイメージしますが、国内でも徐々にエンジェル投資家やクラウドファンディングなどが根付いています。

エンジェル投資家というのはスタートアップ企業やまだ創立して日の浅いベンチャー企業へ資金出資してくれる投資家を指します。元々は欧米で始まったサービスであり、かなりポピュラーな資金調達方法です。

専用のマッチングサイトを使ってベンチャー企業とエンジェル投資家が出会い、そこからプレゼンして資金調達を行います。世界的に有名なネットサービスを展開している企業も、元々はエンジェル投資家から資金調達を行いました。この方法はプレゼンや投資家と密になってコンタクトを取る必要があります。

ファクタリングは新しい資金サポート?

アナタはファクタリングというサービスを知っていますか?まだ回収していない売掛金を企業間で回収する方法です。他の資金調達と異なり負債にならないので、返済計画を取る必要もありません。

数年前から徐々に浸透していき、近年では資金繰りに困ったらファクタリングを勧めるところも多いです。ファクタリングには2社間・3社間というサービスがあり、利用する方法によって手数料が異なります。

前者は回収先の企業を介さないので手数料が30%と高く、ケースによってデメリットが増えます。但し入金までの時間が早く今すぐに資金が欲しい時に良いでしょう。後者は回収先の企業を介するので手数料は10%以下になりますが、入金までやや時間がかかるのがネックです。