ベンチャー経営者が知っておくべき資金サポートの種類と方法

ベンチャー経営者必見!資金サポートとサービス内容

資金調達にもいくつか種類がある?

自由に事業展開をしている。またはこれまでになかった新しいサービスを展開しているイメージの強いベンチャー企業ですが、そもそもどういった形態の企業をベンチャー企業と呼ぶのでしょうか?

新しい技術やアイディアを展開する企業をベンチャーと指し直訳すると投機的事業という意味です。ベンチャー企業は規模が小さく、且つこれまでになかった斬新なアイディア・活躍をする方が求められています。この企業はとにかくフットワークが軽く、会社や企業という固定観念を持っていません。よって意思決定までの時間が比較的短く、チャレンジ精神の多い企業が多いです。当然事業展開や製品に関しても顧客からのニーズがあればどんどん輩出出来るのが強みです。

但し経営者の能力や考え方次第で変わっていくので、当初の理念とは全く違う方向に進むケースも珍しくありません。多くの事業展開やアイディアを必要とされるので、人によっては働き続けるのが辛い。あるいは経営者として資金繰りに困るという場合もあるでしょう。

そんなベンチャー企業が国内でも増えていて、働き方を大きく変えています。ちなみに国内で初めてベンチャー企業が登場したのは1970年ごろです。今となっては最大手の企業も始めの内はベンチャー企業として創立し、人々に新しい考え方やサービスを提供してきました。1980~1990年代は長いベンチャーブームで主にインターネットを活用した事業が多く展開されました。そして2022年以降も第四次ベンチャーブームが訪れようとしています。